Sharjah Tour最終日が終わりましたね。
キナンは、前日の山岳ステージでトマが2位になり、総合も2位に!
練習から帰ってきて、パソコンを開いたら、最終ステージはすでにスタートしていて、ナショナルチームで出場している佐野さんと、祥位が逃げに乗っていました!
違うチームなんですが応援していました笑
最終局面、10kmを切ったを切った所では、佐野さんと祥位ともう一人乗って3人で逃げていてかなりドキドキで応援しましたが、捕まってしまいましたね。
最後はかなり激しい集団スプリントで、第二ステージでも勝ったjakubが勝ちましたね!

トマはしっかりキープして総合2位!!
凄い!!
完全にファン目線でレース観てました笑

先輩方がレース走っているのを見て、早くレース走りたくてウズウズしてます!
練習頑張ろう!!



そしてここからが今日の本題。

株式会社プロキダイ様よりサポートして頂いている「AIRFIT(エアーフィット)」!!
これは何かと言うと心拍センサーです。
一般的な心拍センサーは、胸周りをバンドで締め付けると思うのですが、このAIRFITはそれがない。


2018-01-27-12-51-07-407

見ての通り、発信機だけのような状態です。

僕は今まで心拍計は使ってなかったです。正確には、使っていたけれど心拍バンドの締め付けが嫌すぎて付けるのをやめてしまった。という感じです。
今回紹介させていただく、
AIRFITは全く締め付けない!!
なんなら付けているのを忘れます笑!!
心拍計は体調を知るのに最適です。今はパワー系でのトレーニングが主流ですが、心拍計を合わせて使用すると更にいい練習ができますよ。
例えばある程度心拍のデータが集まってきますと、どのくらいの心拍数がキツイのか楽なのか、また、パワーは結構出てるけど心拍的にはまだいけるぞ!と強度の上げ下げもできます。パワーは出てるけど、心拍がなかなか上がらないな…とかだと体が疲れてたりしますね。
このように、パワー計と心拍計を併用すると効率よくコンディションを整えることができます。

それが分かっていてその重要性もわかっていましたが、バンドに締め付けられるストレスが勝り付けていませんでした。
だって息苦しいんだもん!!

なので
AIRFITを知った時は衝撃を受けました!
ちょっと漏らしたレベルです。嘘です。
これまでの心拍計の息苦しさから解放される時が来たのです!!

いつ解放されるの??今でしょ!?

20180127_215933

心拍センサーで対応しているは、garmin・polar・cateye・sigma
僕はpioneerの心拍計を使ってますが、使えています。

20180127_220054
【生体電極】
これに心拍センサーを装着します。

20180127_220108
【生体電極 裏面】
右側の大きめの丸の方に【導電ゲル】という物が付いています。

20180127_220248
【交換テープ】
これに生体電極をつけて使います。
生体電極についている導電ゲルはしっかり使えば長く使えますが、交換テープは使い捨てになります。
交換テープの貼り付けには少しコツがありますが直ぐになれますね。
しっかり体に張ることができれば剥がれる事はなかなかないです!!

ホントに快適に心拍を計測できるので是非使ってみてほしいです!!

また、何か聞きたいこと等があれば気軽に聞いてくださいね~


コメント頂けたので紹介させて頂きます!
コメントありがとうございます!
でも今回のは質問では無いかな?


~質問コーナー??~

Q.「回答ありがとうございました。(ペコリ 

大雄選手の出すゴミは、南国とアスリチューンのフレーバーがすると、野生動物界隈では大変に好評のようです。 

今年の寮組はNけんじ選手、大雄選手、まさき選手、アマタツ選手、 それから椿選手も?ですかね? 
海外メンバーが日本のUCIレースに出る時などの滞在にも使うと思うので、そう思うと結構部屋数あるんですね。 

それから、アジアのシード招待枠の件は残念でした。 
ジャパンカップ終了時点でアジアコンチとしては3位以内は確実だと確信していたのですが、まさか国枠が1チームまでにルール改定されていてシード枠を取れないとは…。 

ですが、昨日のような走りを見せられては、シード権があろうと無かろうと、各レース主催者は、招待せざるおえないですね。昨年以上に海外UCIレースの表彰台でキナンを見る姿が増えると確信してます。 

初戦のレースは前年メンバーでの編成でしたが、大雄選手や今年度メンバーも混ざった新しい編成メンバーでのレースも楽しみにしてますよー。」

A.「僕が出すゴミがそんなことになっていたとは!?
まぁ僕くらいになると基本トロピカルフレーバーですよね(何が?)

今年の寮の住人は、健児寮長、ダイユー、大喜という布陣ですね。アマタツさんと椿さんは寮を卒業しました。
健児寮長とは一緒に練習へ行くことが多いです!

アジアツアーの招待枠は残念ですね~。今年は打倒UKYOで頑張るしかないですね笑
昨日の椿さんの逃げは凄かったですね!僕も、目立つ走りをして、結果に繋げていけるように頑張ります!!」