今ではいい思い出っしょ(成長してないw)

雪ですね。

午前中、高強度の反復をして、帰宅している途中に雨が降り始めました。
何とか本降りになる前に帰宅!!
それからしばらくして外を見ると、めっちゃ雪降っとる!
こんな雪は久しぶりに見ましたね。
今冬で初めて冬を感じましたww

そういえば、昨日更新した「ベースは大事」での話なんですけれど、それで思い出したことがあります。

.
..
...


それは高校時代の事。
自転車を始めたのは高校からなのですが、高校では、新城幸也さんのパパ、新城貞美先生に自転車を教えてもらっていました。
僕はが通っていた学校は、石垣島にある、八重山農林高校の畜産科。貞美先生はその高校の先生で、自転車競技部の顧問をしてくれていました。
入学当初は、自転車競技なんて全然知りませんから、流れで自転車乗っていた感が強かったかな。土日は貞美先生がマンツーマンで練習へ同行してくれていました。当時先生は56かな?自転車に乗っているんですよ。それにめっちゃ強いww
初めての練習は、「とりあえずついてこい!」的なのり。自転車始めたての頃は、ホントに何もわからないから、終始ビクビク。
先頭を変わるのにはルールがあるのか?とか、どのタイミングで先頭へ出れば良いのか?とか、今では考えられないような疑問ばかり。先生は基本的に、見て走って覚えろ!みたいなタイプでした。
それで、ついてこいと言われてとりあえずついていく。
あれ?なんだ楽じゃん!!
と、後ろについているだけなのだから当たり前なんだけれど、そんな事も当時は知らない。
調子乗って先頭で頑張って、後に先生に置いて行かれる.....
あれっ??めっちゃキツイじゃん!!
しばらく走っていると問題発生。
道が分からないゾ。迷子じゃん。。
携帯も持っていなかったので、マジで半べそかきながら走っていると、十字路で[〇〇まで何km]的な標識発見!!
よし!帰れる!!この時はメンタル的なしんどさもさることながら肉体的にもかなりきつかったのでこの標識はマジで嬉しかったんです。
ちょっと、ウキウキで走っていると何か聞こえる。
「??」
空耳かと思いましたが、やっぱり聞こえる。
ぉーーぃ
「!?」
ばっ!!と後ろを向くと貞美先生が鬼の形相で迫ってくる。(当時の僕のイメージです)
「ぎぃぃぃぎゃゃゃーーーー!!(心の声)」
「なにしとるかーー!!」
やーばい。めっちゃ追いかけてきてる。
帰れると思っていたのは完全に僕の甘さでした。
帰れると思っていたのに、まだまだ続く練習。肉体的にもキツかったですが、この時ばかりは、メンタルが死んでました。何よりキツいのは、道が分からず何処がゴールか分からない、後どれくらい続くか分からない事でした。
...
..
.

道が分からないのって辛いよね。昨日は練習中にこんな事を思い出してました。
懐かしい、今ではいい思い出。
貞美先生は、有無を言わせぬ圧のような物があり、自分の中では親より怖い存在でした。後に入ってきた自分の弟もその様に証言しております。
こんな書き方をしていると、凄く怖いイメージを持っちゃうかもしれませんが、凄く優しく、いい先生でしたよ。

かなり前、ブラーゼンの時に、「ダイユーの軌跡」という題名でブログを更新した事があるのですが、その時にこんな話もしたかな?
自転車を始めるまでは何をしていたのか、なんで自転車を始めたのか、ブラーゼンに入ってからEQADSに行くまで、という感じで題名そのままに、自分が歩いてきた道筋をブログに書いたことがあります。そんなの需要ないだろ。と思っていましたが、結構皆さん反応してくれて書きごたえがありましたね。
一部の方は知っていると思うんですけれど、沖縄と言いつつ、東京で育った.....
みたいな秘話も書きました。

もし読んでみたいとかあればコメントください!
こんな話も聞きたいとかリクエストがあればそれでもありです!


よし。とりあえず道覚えよ

ベースは大事

何事にもベースは大事ですよね。

いきなりどうした。
と思うかもしれませんが、ベースは大事なんですよ。

三重に来てしばらく経ちましたが、まだまだ道が分かりません。
覚えようとはしているのですが、道を覚えるのは苦手で苦戦してます。
しかし、苦戦する原因は、寮長の健児さんにもあるんです。

練習の時、道が分からない僕は基本的に健児さんにくっついて行ってます。
今日も例によって、くっついて行きました。
練習は登りの反復。
道中、「ここ一昨日も通ったよ。」とか言われましたが、僕にとっては同じ道でも反対から来たらそれは別の道。

健児さんには、メニューできる平坦だったり、峠だったり、山だったりを教えて貰ってますが、その各目的地へ行くまで僕が知らない道ばっかり使うんです。

そこで僕は言いました。
「まずベースを覚えないと細かいルートは覚えられません!!」と。
そもそも知らない道なのに、毎回アドリブ出されると無理でしょ笑
とここで僕はベースについて語りました。

僕「どんな競技でもベースがしっかりしてないと駄目っしょ!ベースを作ってから+α!ベースを作ってから細かい道を覚える!」
寮長「ベースベースうるせぇ!」

いやでも、ベースが無いと大変ですよ。
バンドもベースが必要ですし、野球もベースが必要ですし。野球なんてベースが無かったら路頭に迷いますよww

あっ。これはベース違いか。

ともあれ!ベースは大事なんです。

今回は、道を覚えられない僕の言い訳のブログでした~✴


こんな感じで寮長とはくっだらねぇ会話しながら練習したりしてますm(_ _)m

味覚の不思議

今日の晩ご飯は鍋にしてみました。

鍋。

我らが寮での食事は、それぞれが作って食べるシステムを採用しております。
僕は、サラダ!肉!!米!!!
と、シンプルで楽なこの3コンボにすることが多いのですが、あるスーパーでかなりボリューミーでお買い得なお肉を発見してしまったので…

20180120_181640

ドン!

一人だと消費するのはキツイかなww

これをどうやって食べようかと考えたら、鍋が一番\(^_^)/!
鍋も簡単で、野菜ドーン、肉ドーンで終了ですもんね笑

20180120_182158

好物のアボカドと共に!

話かわるんですけれど、そういえば、歳をとると味覚って変わりますよね。
僕は小さい頃は、魚がとても苦手でした。アボカドも苦手でした。親に怒られながら魚を食べたのを覚えています。
それが一転、今は魚もアボカドも大好物!不思議~
小さい頃食べれかった反動で体が欲しているのかな?
欲しているといえばラーメンもあまり好きではなかったかな。でも今はしょっぱさとかを欲して食べたくなりますね。
何かに影響されて好きになったりていうのもあるのかな。
某チームの小〇寺 玲選手がカヌレに激ハマりしていたのはあるアニメの影響、詳しくは「四月は君の嘘」というアニメの影響ですね。
かくいう僕も、自分から食べたいと思うことがなかったラーメンを食べたくてうずうずしてます。これは、「ラーメン大好き小泉さん」というアニメの影響ですね~

小さい頃から今でも苦手なのは、クリーム、カスタード、バニラ等、クリーム系全般が今なお苦手ですね。周りの人が美味しそうに食べるからたまに食べるんですけれど、やっぱり駄目。なんでだろう??

味覚って不思議だね